好きなものは好き。

ADHDな共感覚セラピストのこだわりと無関心の日常